HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【DPC評価分科会】高額薬剤の適用範囲拡大‐新ルールで在院日数短縮

2013年7月3日 (水)

 中央社会保険医療協議会のDPC評価分科会は6月28日、抗癌剤など高額薬剤を使用する診断群分類の包括範囲の点数を、入院期間Iの点数に組み込む設定を試行導入した算定ルールを引き続き継続し、新たな診断群分類にも適用を拡大していくことを了承した。

 高額薬剤料の包括評価をめぐっては、特定入院期間以降に化学療法を実施した場合も、「化学療法あり」の診断群分類となり、化学療法の薬剤費が既に包括点数で評価されているにもかかわらず、さらに出来高で請求される事例が指摘された。


[ 記事全文 ]

 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。

関連リンク


‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
アカウント / RSS
RSSRSS
おすすめ情報‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報