HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【厚労省/日赤】シャーガス病の抗体陽性例、輸血から感染認められず

2013年9月25日 (水)

厚労省・日赤が調査

 厚生労働省と日本赤十字社は、国内初のシャーガス病感染者の献血血液から作られた血液製剤が医療機関に出荷された問題で、これらを輸血された11人で抗体陽性者は認められなかったとの調査結果を、20日の血液事業部会安全技術調査会に報告した。調査会では、新たに2例目のシャーガス病の感染者が献血血液から認められたことも明らかにされたが、この患者は過去に献血歴がなかった。

 感染者は、厚労省がシャーガス病に対する安全対策を開始した昨年10月までに複数回の献血歴があったため、これら血液をもとにした血液製剤が医療機関に出荷され、患者に投与された可能性があった。実際に輸血を受けた患者は11人と判明。厚労省と日赤が遡及調査を行った結果、同意が得られなかった1人を除き、5人が死亡、5人が抗体陰性で、新たな抗体陽性者は認められなかった。


[ 記事全文 ]

 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録