HOME > 人事・組織 ∨ 

新会長にブルン氏就任 欧州製薬団体連合会

2014年10月03日 (金)

 欧州製薬団体連合会(EFPIA Japan)は、新会長にカーステン・ブルン氏(バイエル薬品社長)を選出した。今月10日付で就任する。副会長のフィリップ・フォシェ(グラクソ・スミスクライン社長)と鳥居正男(日本ベーリンガーインゲルハイム会長)の両氏は留任し、新会長をサポートすることになる。

 就任に当たってブルン氏は、「日本医療改革、患者の質の高い医療のアクセス確保、イノベーションを評価する環境づくりを支援していく。また、今後も研究開発型製薬企業と、様々なステークホルダーとの対話を通じ、協力的な交流を推進していく」とコメントしている。

 ブルン氏は、1970年・ドイツ生まれの44歳。96年にドイツのフライブルグ大学で薬学修士号を取得し、99年には同大で化学博士号を取得している。96年にドイツ・イーライリリー社入社後、05年にスイス・ノバルティス社、ボシュロム社などを経て、11年にバイエルヘルスケアに入社し、13年に同社日本代表兼バイエル薬品社長に就任している。




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

人事・組織 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
アカウント / RSS
RSSRSS
おすすめ情報‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報