埼玉県病院薬剤師会生涯研修センター 研修会 2019/11

2019年10月28日 (月)

第92回抗がん剤研修会

がん薬物療法の基礎を習得する事で、現場で直面している患者対応について研修する。今回は、病院薬局と保険薬局の連携強化を推進していく上で、症例を通じて、高度専門へと向かう医療現場の中で重要性を考え、薬剤師がどう関わるべきか、患者の立場についても考えながら、医師の立場と薬剤師の立場から、副作用対策をはじめ支持療法や最新知識・薬物療法について介入方法など研修する。

日時

2019年11月7日(木)18:45~21:05

場所

ソニックシティ4F 国際会議室
さいたま市大宮区桜木町1-7-5 ソニックシティビルTEL 048-647-4111

講演

18:45~19:00「乳がん治療薬における最新の話題」
日本イーライリリー株式会社 学術部

特別講演1

19:00~20:00
座長 獨協医科大学埼玉医療センター 薬剤部 相川 晴彦
「ホルモン陽性乳がんの現状」
埼玉県立がんセンター 乳腺腫瘍内科副部長 永井成勲 先生

特別講演2

20:05~21:05
座長 戸田中央総合病院 薬剤部 畠山 朋樹
「みせます!CDK4/6阻害薬の服薬指導!!」
国立がん研究センター東病院 薬剤部 川澄 賢司 先生

この機会にホルモン療法を勉強してみませんか。近年、乳がんに対してホルモン併用療法が増えてきております。そこで永井先生にはホルモン療法の現状について詳しく解説して頂きます。
川澄先生には実際の服薬指導を通して、患者指導に必要なポイントをレクチャーして頂きます。明日から実践に活かせる内容になっています。是非、ご参加下さい

参加費

会員 1000円(会員証を必ず受付に提示してください)
非会員 2000円


≪埼玉県病院薬剤師会生涯研修センター集合研修(G15) 1単位≫
≪日本病院薬剤師会病院薬学認定薬剤師制度(P04)V-2(0.5単位)+III-1(0.5単位)≫
≪日本病院薬剤師会 がん専門・薬物療法認定講習会 1単位申請中)≫
《日本臨床腫瘍薬学会 外来がん治療認定薬剤師の認定講習会認定単位 1単位申請中》
(がん専門薬剤師・認定薬剤師講習会受講証明書には研修受講シールP04を貼付する必要があります)
(研修受講シールG15またはP04はいずれか一つの付与です)
※「がん専門・認定薬剤師講習会受講証明書」の発行を希望する方は、必ず、講習会受付で勉強会開始前に申し出てください。研修会開始後は、証明書の発行手続きはできませんので注意してください。証明書は、研修会終了後に成果報告書と引き換えで交付します。
※当日記名帳記入時、シール区分により受付テーブルが分かれています。また、研修シールは、アンケートと引き換えに講演会終了後にお渡しします。アンケート用紙には、薬剤師名簿登録番号と氏名を必ずご記入の上、受付に提出して頂くよう宜しくお願い致します。
※会場の座席は先着200名分のみです。ご了承ください。

お知らせ

研修会開始時間より30分以上経過し遅刻した場合または中途退場者には、埼玉県病院薬剤師会生涯研修センター、薬剤師研修センター集合研修、日本病院薬剤師会病院薬学認定薬剤師制度の認定単位は付与されませんのでご了承ください。(遅刻した場合でも参加費を納めることで研修会の聴講は可能です。)
※埼玉県病院薬剤師会ホームページからお申し込みください。

お問い合わせ先

埼玉県病院薬剤師会 事務局 048-829-7698

第127回 輸液・栄養管理研修会

内容概略

輸液製剤は使用頻度の高い薬剤の一つであり、その多くが体液管理のために使われています。症例を通して輸液製剤で体液管理を行う際のポイントを学び、明日からの調剤・病棟業務に活かせる内容となっています。

日時

2019年11月12日(火)19:00~21:00

場所

ウェスタ川越 2階 市民活動室1
川越市新宿町1-17-17 TEL 049-249-3777(代)

情報提供

19:00~19:15
『最新の経腸栄養剤について』
株式会社大塚製薬工場 佐藤 功盛 先生

講演I

19:15~19:30
『ワンポイントレクチャー』
台東区立台東病院 医療技術部 鈴木 慶介

講演II

19:30~21:00
座長 北里大学メディカルセンター薬剤部 宮森 亜紀子
『この症例の輸液、追加する? 絞る? -輸液療法の基礎~応用まで-』
社会福祉法人京都事業財団京都桂病院 薬剤科
経営企画室兼務 野崎歩 先生

輸液製剤は使用頻度の高い薬剤の一つであり、その多くが体液管理のために使われています。症例を通して輸液製剤で体液管理を行う際のポイントを学び、明日からの調剤・病棟業務に活かせる内容となっています。


埼玉県病院薬剤師会生涯研修センター(G15)認定単位 1単位
日本病院薬剤師会病院薬学認定薬剤師制度(P04)III-1 1単位申請中
(研修受講シールG15またはP04はいずれか一つの付与です)

参加費

会員 1000円 埼玉県病院薬剤師会または共催・後援団体会員
会員証を必ず受付に提示してください。
非会員 2000円


※当日記名帳記入時、シール区分により受付テーブルが分かれています。また記名は施設名、氏名の後に薬剤師名簿登録番号の記入をお願いします。
※ 研修シールは、アンケートと引き換えに講演会終了後にお渡しします。
※ 開始から30分経過したのちに受付された場合は、生涯研修シールをお渡しすることはできませんので、ご注意下さい。ただし、研修会への参加は可能です。
※ 講演では、リアルタイムアンサーシステムを使用するため、携帯電話をお持ちください。

お問い合わせ先

埼玉県病院薬剤師会生涯研修センター TEL 048-829-7698




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

薬剤師認定制度認証機構 認証機関の生涯研修会 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
アカウント / RSS
RSSRSS
おすすめ情報‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報