抗癌剤「スプリセル」を発売 ブリストル・マイヤーズ

2009年3月23日 (月)

 ブリストル・マイヤーズは、抗悪性腫瘍剤「スプリセル錠20mg、同50mg」(一般名:ダサチニブ水和物)を新発売した。

 スプリセルは、イマチニブ抵抗性の慢性骨髄性白血病(CML)と再発・難治性のフィラデルフィア染色体陽性急性リンパ性白血病を適応症とする新規チロシンキナーゼ阻害剤。癌細胞の増殖に関与するBCR‐ABL、SRCファミリーキナーゼなど、5種類のチロシンキナーゼのATP結合を競合的に阻害することにより、抗腫瘍効果を発揮する。

 既に海外では、2006年6月に米国、同年11月に欧州で承認されて以来、50カ国以上で承認・販売されている。薬価は、「スプリセル錠20mg」が4565・20円、「同50mg」が1万793・30円。




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

新薬・新製品情報 新着記事
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録