HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【医療情報総合研究所】処方情報を分析し提供

2006年08月10日 (木)

 医療情報の収集、加工や分析などを行うベンチャー企業の医療情報総合研究所(JMIRI、東京都文京区、社長好本一郎氏)は、薬局から収集した処方情報を分析し、医薬品の処方動向などを提供するサービスを来月から開始する。製薬企業や医療関係者向けで、月・週単位で情報提供を行う。「JMIRI処方情報分析サービス」と呼んでおり、同社は営業活動や処方の改善などに役立つとしている。

 サービス例としては、対象となる医薬品の処方動向では処方量、薬価ベース、医師数、患者数の動向などがまた、患者を軸にした処方動向では処方用量、併用例、中止例などが提供できる。収集した情報を、ニーズに応じて分析・加工して提供することも可能。月単位のデータを翌月に提供できるほか、週単位でも日単位でも可能だとしており、「情報の鮮度が高い」点が特長だという。

 保険薬局や薬局チェーンから全国規模で収集したものを、患者名、医師名などの個人情報を予め削除してデータベース化していく。基礎となるデータベースは、今後1年間で処方件数にして1000万件規模以上に拡張する計画であり、データ規模としては「国内最大級を目指す」としている。




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
アカウント / RSS
RSSRSS
おすすめ情報‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報