HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【厚労省】05年度のインフルエンザワクチン副作用報告をまとめる

2006年10月2日 (月)

 厚生労働省は05年度のインフルエンザワクチンによる副作用の報告状況をとりまとめ、9月28日に公表した「医薬品・医療機器等安全性情報」(No.228)に掲載した。

 それによると、05年度のインフルエンザワクチンの推定出荷本数は約1932万本で、このうち企業等から副作用として報告されたのは102症例、139件。副作用の内訳は肝機能障害等14件、発疹等11件、ショック・アナフィラキシー様症状10件、発熱10件、注射部位の紅斑・腫脹等9件、痙攣7件、ギラン・バレー症候群4件などだった。

 また、報告された102件のうち、死亡したのは3症例だが、専門家によるインフルエンザワクチン等について評価する検討会ではいずれもインフルエンザワクチン接種との因果関係は評価できなかったとしている。これとは別に06年にもインフルエンザワクチン接種による死亡症例が2例報告されているが、これについても同検討会ではいずれもインフルエンザワクチン接種との因果関係は評価できないとしている。




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録