内視鏡下外科手術用ディスポーザブルトロッカー「キー・アクセス・システム」 オリンパスメディカルシステムズ

2009年7月17日 (金)

yakuji_photo

 オリンパスメディカルシステムズは16日、内視鏡下外科手術用ディスポーザブルトロッカー「キー・アクセス・システム」を新発売した。

 キー・アクセス・システムは、米医療機器メーカー「アプライドメディカル」が開発した内視鏡下外科手術用のディスポーザブル機器。内針の先端部をらせん構造にすることで、腹腔への挿入をサポートし、組織損傷リスクを低減する。また、トロッカー後端の鉗子挿入口をすり鉢状にすることによって、内視鏡や鉗子などの挿入をスムーズにした。

 同社は、アプライドメディカルの日本における独占販売代理店として、昨年4月から輸入販売を開始している。

 販売本数は、初年度で2万本を目指している。価格は、12mmトロッカー6本入り7万5600円、5mmトロッカー6本入り5万9850円、5mmトロッカーデュアルパック10セット2本入り15万7500円。




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

新薬・新製品情報 新着記事
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録