炎症マーカーCRPの測定試薬「スポットケムi-Line CRP」を発売 アークレイ

2009年10月19日 (月)

yakuji_photo

 臨床検査機器・体外診断用医薬品メーカーのアークレイは、迅速検査装置「スポットケムIL SL‐4720」の新しい専用試薬として、診療所向けに、炎症マーカーCRPの測定試薬「スポットケムi-Line CRP」を新発売した。

 全血検体を用いて10分で自動測定され、CRP値を8段階で判定。従来のラテックス凝集法と比較して、個人による判定誤差がなく、検査結果を客観的に得られる。また、試薬カートリッジを挿入すると、結果の印字までが自動で行われるため、目視で判定する試薬のようにタイマーで時間を設定する必要がなく、業務の効率化が図れる。

 昨年9月にインフルエンザ検査専用試薬を発売。感染症を診断する上で小児科を中心にニーズの高いCRPを、新たに検査項目に追加した。




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

新薬・新製品情報 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
アカウント / RSS
RSSRSS
おすすめ情報‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報