フィルムタイプの下痢止め薬「トメダインコーワフィルム」 興和

2010年6月16日 (水)

yakuji_photo

 興和は、日本初のフィルムタイプ下痢止め薬「トメダインコーワフィルム」(指定第2類医薬品)を新発売した。

 通勤・通学途中や会議中など外出先での突然の下痢は、日常生活や仕事に支障を来しかねない。そうした中で同社は、突然の下痢にその場で対処できるように、携帯や服用に便利なフィルム状の下痢止め薬を開発した。

 新製品の「トメダインコーワフィルム」の特徴は、止瀉成分のロペラミド塩酸塩を、薄いフィルム状の製剤に閉じ込めたこと。ロペラミド塩酸塩は、腸の過剰な運動や腸の粘膜における水分の吸収・分泌異常を改善して、下痢を抑える働きを持つ成分で、食べ過ぎ・飲み過ぎや寝冷えによる下痢に優れた効き目を発揮する。

 厚さわずか0・08mmの、かさばらない薄型フィルム製剤で、財布や定期入れなどに挟んで携帯できる。また、口の中ですぐに溶け、水なしでも服用可能なため、突然の下痢にも場所を選ばす、困ったその場で服用できることも特徴だ。

 税込み希望小売価格は、6枚入りで1050円。




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

新薬・新製品情報 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録