「GS ジュニアベンチトップシステム」 ロシュ・ダイアグノスティックス

2010年7月14日 (水)

yakuji_photo
GSジュニアベンチトップシステム

 ロシュ・ダイアグノスティックスは、研究者向けに、次世代のシークエンサーとして「GSジュニアベンチトップシステム」を新発売した。

 GSジュニアベンチトップシステムは、同社が販売中の上位機種「GS FLXシステム」が持つロングリードの技術を保持したまま、機器本体を小型化し、使い勝手を向上させたパーソナル次世代シークエンサー。

 研究室レベルの実験規模に対応するため、機器本体の導入費用やランニングコストの低減を図った。 

 機器本体価格は、上位機種の約5分の1で、1ラン当たりのランニングコストも、専用試薬を用いることで、約85万円から約13万円に低減。さらに、操作方法やデータの取り扱いが簡単に行えるのが特徴で、多くの研究者が次世代ゲノムシークエンス技術を利用できるようにした。

 税抜希望販売価格は、GSジュニアベンチトップシステム本体が1550万円。




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

新薬・新製品情報 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録