【新製品】初の後発品7月1日発売‐抗菌薬メロペネムで参入 ファイザー

2011年6月29日 (水)

1000人体制で事業展開

松森部門長
松森部門長

 ファイザーは7月1日、エスタブリッシュ医薬品事業部門設立後、初めての後発医薬品として、カルバペネム系抗菌薬「メロペネム点滴静注用0・25g『ファイザー』、同0・5g」を新発売し、後発品事業に参入する。27日に都内で記者会見した取締役執行役員エスタブリッシュ医薬品事業部門長の松森浩士氏は、7月に一定規模の開業医担当MRを同部門に移管し、約1000人体制で長期収載品と後発品のエスタブリッシュ医薬品事業を展開していく方針を明らかにした。年内には後発品20成分以上の発売を目指し、後発品事業を本格始動させる予定だ。


 同社は、2009年12月にエスタブリッシュ医薬品事業をスタート。これまで主力品中心に約80品目の長期収載品を販売してきたが、7月に初めての後発品を投入することになった。松森氏は「さまざまな新薬事業の強みを生かす機会がある」として、全国のMRによる情報提供体制、新薬と同様の品質管理・供給管理基準によって、後発品事業を進めていく方針を示した。

 新発売する後発抗菌薬「メロペネム」は、医療現場での有用性を高めるため、100種類以上の品目を選んだ配合変化試験を実施。また、誤投与を防止するため、包装やラベルにユニバーサルデザイン仕様の「つたわるフォント」を採用するなど、安全に考慮した工夫を行っている。

 また情報提供活動では、全MRに携帯情報端末のiPadを導入。eディテーリングを活用し、なるべく人を介さないプロモーション活動を積極的に進めていく。松森氏は「われわれに後発品ビジネスを行うという観点はない。新薬と長く使われている標準薬の価値を見つめて、価値ある製品を提供し続けていきたい」との考えを述べた。

 年内には、脳保護剤「エダラボン」など20成分以上の後発品を発売する予定である。




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

新薬・新製品情報 新着記事
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録