HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【厚労省】禁煙補助剤投与後に自動車事故

2011年7月8日 (金)

 厚生労働省は、禁煙補助剤「バレニクリン酒石酸塩」(製品名:チャンピックス)の投与後に意識障害があらわれる可能性があるとして、危険を伴う機械の操作について、従来は「操作する際には注意させる」としていた添付文書の記載を、「操作に従事させないよう注意する」と見直すことに決めた。既に自動車事故に至った事例が報告されているという。

 このほか、抗リウマチ薬「トシリズマブ」(アクテムラ)の禁忌に活動性結核を追加し、結核が疑われたり、治療歴のある患者には、原則として同剤の前に適切に抗結核薬を投与するよう添付文書を改めることなどを、メーカーに指示した。

関連リンク



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録