HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【エスエス製薬】ストレス性不眠とDPH‐睡眠学会で有用性を報告へ

2011年10月4日 (火)

 一時的な不眠症状を改善するOTC睡眠改善薬「ドリエル」(指定第2類医薬品)を発売するエスエス製薬では、ジフェンヒドラミン塩酸塩(DPH)が睡眠に及ぼす影響について科学的な検証を行ってきたが、このほど「睡眠と深部体温に対する有用性」を確認したという。研究成果は15日の日本睡眠学会第36回定期学術集会(京都)で発表する。

 これまでの研究でも、ストレスが負荷されると睡眠が抑制され、深部体温が上昇することは確認されている。また、深部体温の低下が入眠のしやすさや、睡眠の質に大きく影響することが分かっている。エスエス製薬では、ストレスによる不眠に対して、DPHの効果を科学的に検証するため、ターゲットを想定したストレス負荷モデルを作製し、睡眠の質と量、さらに深部体温に対する影響を検討した。

 その結果、DPHは寝入りを良くし、睡眠時間を増加させると共に、深い睡眠(質の良い睡眠)の指標となる脳波δ成分を増加させることを確認した。また、深部体温に対しても、DPHは入眠時の体温低下を促進することが確認されるなど、一時的なストレスによる不眠などの睡眠障害に対するDPHの有用性が示唆されたという。

関連リンク



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録