第3回ナノバイオ創薬研究シンポジウム 京都大学大学院薬学研究科「革新的ナノバイオ創薬研究拠点」

2012年2月15日 (水)


 京都大学大学院薬学研究科「革新的ナノバイオ創薬研究拠点」
=第3回ナノバイオ創薬研究シンポジウムを3月14日午後1時から、 京都大学薬学部記念講堂で開く。

 プログラムは▽ウイルスセンサータンパク質RIG‐Iの自己抑制ドメインの同定=高橋清大(革新的ナノバイオ創薬研究拠点特定助教)▽低侵襲なイン・ビボ核酸デリバリーのためのマイクロマシン技術の応用=清水一憲(同特定助教)▽生きたマウスの組織内における細胞挙動の可視化=樋口ゆり子(同特定助教)▽医用ロボティクスの薬学応用=野方誠(立命館大学理工学部准教授)▽RLR受容体と抗ウイルス自然免疫応答=加藤博己(京都大学ウイルス研究所准教授)▽創薬ケミカルバイオロジー=掛谷秀昭(同大学大学院薬学研究科教授)▽1分子イメージング技術を使った生体分子機能解析=原田慶恵(同大学物質‐細胞統合システム拠点教授)

 参加費は無料。問い合わせ先は同拠点(TEL075・753・9568)




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

研修会 セミナー 催し物 新着記事
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録