HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【協和発酵キリン/富士フイルム】バイオ後続品で新会社

2012年3月29日 (木)

 協和発酵キリンと富士フイルムは27日、バイオ後続品の開発・製造・販売の合弁会社「協和キリン富士フイルムバイオロジクス」を発足したと発表した。2013年初めにTNF‐αモノクローナル抗体「アダリムマブ」(製品名:ヒュミラ)のバイオ後続品の臨床試験をスタートさせる予定で、17~18年ごろの上市を目指す。さらに、14年以降も毎年1品目ずつ開発に着手し、バイオ後続品4製剤を日米欧で展開していく計画だ。

 協和キリン富士フイルムバイオロジクスは、資本金1億円。両社が折半出資し、社長には野村英昭氏(前協和発酵キリン製品戦略部マネージャー)、副社長には川口誠氏(前富士フイルム医薬品事業部担当部長)が就任する。協和発酵キリン本社内に設置し、従業員27人で事業を開始する。

 新会社では、バイオ後続品の開発・製造・販売を手がけるが、販売に関しては当面、親会社を含めた他社への委託を検討している。生産は、協和発酵キリンの高崎工場で行う。




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録