HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【大阪府薬】お薬手帳の電子化事業、今月から本格的にスタート‐携帯端末の標準システム開発へ

2012年9月6日 (木)

藤垣会長

 大阪府薬剤師会は、今月から「大阪e-お薬手帳事業」を本格的に開始した。同事業は、携帯電話やスマートフォン等の携帯端末を活用して、お薬手帳記載内容の一部である調剤日、投薬した薬剤の名称、用法、用量等の電子化を行い、府民の健康増進や災害時への対応力向上を図ることを目的としたもの。

 大阪府薬が国の予算を得て先駆的に全国標準システムを開発し、全国への拡大を目指す。今後は、年内をメドにシステム開発を行い、モデル地域での試行運用を経て、来年9月に運用を開始する。完成したシステムや活用方法については、来年9月に大阪で開かれる第46回日本薬剤師会学術大会で発表される。

地域医療再生基金を活用


[ 記事全文 ]

 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。

関連リンク


‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録