HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【日本イーライリリー】インスリン療法の変更に関して約7割の医師が「ためらい」経験

2012年9月6日 (木)

実際に変更した患者ではQOL低下なく血糖コントロール改善

 現在、インスリン製剤には多種多様の作用時間を持った薬剤が発売されており、患者の自己管理が重要な糖尿病におけるインスリン療法では、病状の変化に合わせて療法の変更を行っていくことが、血糖値のより良いコントロールにつながると考えられている。日本イーライリリーの調査では、7割の医師が必要にもかかわらず、インスリン療法変更を患者に勧めることをためらった経験があることが浮き彫りになった。一方、実際に変更した患者では、QOLが低下することなく血糖コントロールが改善されたことが示されたという。

 同調査は、自己注射であるため心理的な負担が大きいと考えられるインスリン療法について、患者・医師双方の治療に対する意識・実態を理解するため、行ったもの。


関連リンク


‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録