HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【厚労省検討会】ワクチン突然死を調査‐同意取得の難しさ浮上

2013年2月6日 (水)

 厚生労働省の「ワクチン接種と乳幼児の突然死に関する疫学調査の評価検討会」が1月31日、初会合を開き、調査の進捗状況や実施方法を議論した。まだワクチン歴不明の1例が報告された状況で、今後3年間で300例を目標に疫学調査を進めていくことになるが、保護者から同意を取得することの難しさ等の課題が浮上した。検討会では、これらを整理した上で調査に生かす方向だ。

 疫学調査は、厚労省が国立感染症研究所に依頼し、前向き疫学調査として300例を目標に行う。調査では、乳幼児突然死症候群(SIDS)の可能性がある死亡した乳幼児を選択する。対照として、死亡した乳幼児と発生状況が似た生存中の乳幼児の2例を選ぶ。SIDS診断のための問診・チェックリストに直近1カ月のワクチン歴を盛り込み、同意が得られた場合にのみ記載を依頼する。


[ 記事全文 ]

 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。

関連リンク


‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録