HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【厚労省】サリドマイドとレブラミド、安全管理手順見直しへ

2013年06月18日 (火)

 厚生労働省は13日、「サリドマイドおよびレナリドミドの安全管理に関する検討会」の初会合を開き、多発性骨髄腫治療薬のサリドマイド製剤安全管理手順「TERMS」(藤本製薬)と、レブラミド適正管理手順「RevMate」(セルジーン)について、手続きの簡素化も含めた運用見直しの議論をスタートさせた。

 催奇形性を有する両剤は、胎児への曝露を回避する観点から、製造や販売、流通に関する安全基準が定められている。さらに治療を行う際にも医師や患者、薬剤師に対しても企業の情報センターへの登録を必須とするなど、厳格な安全管理体制のもとで処方されている。


[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。

関連リンク


‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
アカウント / RSS
RSSRSS
おすすめ情報‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報