HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【テバ】英癌研究所と提携契約‐DDR制御薬創出へ

2013年9月30日 (月)

 イスラエルのテバファーマスーティカル・インダストリーズと、英癌研究所技術開発部門「キャンサー・リサーチ・テクノロジー」(CRT)は、癌細胞のDNA修復機構(DDR)に作用する抗癌剤の研究開発で提携契約を結んだ。テバが資金提供し、CRTが創薬標的の検証からリード化合物の最適化を行い、癌の再発や治療抵抗性に関与するDDRを制御する治療薬開発を目指す。

 DDRは、細胞内部で抗癌剤の細胞毒性を緩和し、癌細胞を化学療法のダメージから保護する重要な役割を担う。癌細胞は、癌治療によるDNA損傷を修復する能力が最も高い癌細胞が生き残るよう、修復機能を備えた突然変異体を選択的に複製し、癌の再発と治療への抵抗性につなげている。英癌研究所が、DNA損傷の原因と、DNA修復機構の解明に向けた研究を進めている。


[ 記事全文 ]

 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録