HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【NPhA】半数が薬不足・余り経験‐“24時間対応”7割知らず

2013年11月26日 (火)

NPhA来局者調査

 患者の半数近くが薬を服用しているうちに不足したり、余るという経験を持っているほか、7割以上の患者が、休日・夜間などに対応する“24時間体制薬局”の存在を知らないことなどが、日本保険薬局協会が行った来局者の調査から明らかになった。全国1324の会員薬局が協力し、10月1日から14日まで、各店舗への来局者に保険薬局業務の認知度や利用状況についてヒアリングし、6337人の回答を得た結果をまとめた。

ジェネリック医薬品の費用削減効果、40代未満で高い認知度

 回答者のうち解析に用いたのは6281人で、都道府県別には東京の538人、次いで大阪492人、新潟が404人、神奈川355人、愛知321人などと続く。回答薬局の内訳は毎月の処方箋枚数別で「1000~2000枚以内」43%、「1000枚以下」26%、「2000~3000枚以内」18%、「3000枚以上」12%。処方元別では「クリニック」52%、「病院」42%、「面対応」6%だった。


[ 記事全文 ]

 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。

関連リンク


‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録