HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【厚科審委員会】難病対策の改革案まとまる‐医療費負担、月最大3万円

2013年12月18日 (水)

 厚生科学審議会の難病対策委員会は13日、難病対策の法制化に向けた改革案を大筋でまとめた。医療費助成の制度案を見直し、患者の自己負担限度額をさらに引き下げて月額最大3万円に設定した。新たに人工呼吸器等装着者は、所得にかかわらず月額1000円とした。新制度が施行予定の2015年度の予算規模は約1820億円となる見通し。

 厚労省は10月29日の同委員会に、難病患者の自己負担限度額について、所得区分を六つに分類し、年収570万円以上の患者で月額最大4万4400円とする素案を提示したが、患者団体等から「実質的に負担増」と反発が強かったため、再度減額した修正案を示した。


[ 記事全文 ]

 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。

関連リンク


‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録