HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【東京生薬協会】薬用植物の栽培促進で連携協定‐秋田に続き新潟県内の2市と調印

2014年4月14日 (月)

新発田市の調印式で二階堂市長(中央左)と藤井会長

新発田市の調印式で二階堂市長(中央左)と藤井会長

 東京生薬協会(藤井隆太会長)は、3月27日に新潟県の新発田市、28日には新潟市と「薬用植物国内栽培の促進に関する連携協定」を結んだ。公益法人として、生薬や薬用植物等の普及振興、栽培・育成に関わる事業にも注力する同協会では、これまで秋田県の八峰町および美郷町と連携協定を締結し、農地等を活用した試作栽培を既に始めている。新たに協定を結んだ2市については今後、協会が選定した「栽培指導員」が中心となり、栽培指導や助言、種苗の提供、情報提供等を行っていく計画。

 同協会では、薬用植物の栽培技術や優良薬用植物の種苗の提供など、薬用植物の栽培に果たす役割に関して多くの知識経験を有していることから、公益性の高い事業として、昨年度より本格的に国内栽培に対する支援を拡充することとした。栽培事業支援の受け入れは、薬用植物栽培を希望する自治体等の要請により、要請先の農地や気候などを調査し、協会内で検討を行った上で、了解した自治体等と協定を結ぶこととなる。


[ 記事全文 ]

 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。

関連リンク


‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録