HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

エピジェネティクスに功績‐日本国際賞・アリス博士

2014年5月2日 (金)

ヒストン修飾が遺伝情報制御

アリス氏

 デビッド・アリス博士は、誰もがDNA研究に没頭した1990年頃、真核生物の染色体を構成する蛋白質の“ヒストン”に着目した。そして96年、ヒストン蛋白質に“アセチル化”という化学変化が起こり、遺伝情報の発現制御への関与を突き止める。DNA配列の変化を伴わない染色体制御メカニズム「エピジェネティクス」を切り開いた瞬間だ。第30回日本国際賞を受賞したアリス氏は、本紙のインタビューに対し、「負け犬だった私にとっては、おとぎ話のような発見」と振り返り、ヒストン蛋白質の化学修飾を標的とした治療法開発や、再生医療への応用にも研究意欲を示している。

 アリス氏は1951年、米国オハイオ州シンシナティに生まれ、シンシナティ大学に入学。「生物学」を専攻し、基礎研究の魅力を知り、特に発生学にのめり込んだ。


[ 記事全文 ]

 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。

関連リンク


‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録