HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【日薬連薬価研】4月の薬価改定、抜本見直しを反映‐後発品の価格帯集約が影響

2014年6月16日 (月)

日薬連薬価研が調査

 日本製薬団体連合会保険薬価研究委員会は13日、4月の薬価改定の影響に関する調査結果等をまとめた研究報告を発表した。同委運営委員会54社の改定影響率は、消費増税対応分を含め3・3%と、前回改定時調査の6・4%に比べ、3・1ポイント引き下げ幅が小さくなった。後発品の価格帯集約が影響したものと見られ、抜本的な改定となったことがうかがえた。新たに導入された後発品への置き換えが進まない先発品の特例的引き下げを受けた品目について、薬価研会員社で全品目に占める売上比率は9・8%に上った。

 消費増税を伴った4月改定の平均影響率は、薬価研54社が3・3%(前回6・4%)で、厚生労働省発表の平均改定率2・65%を上回る影響となったが、前回より引き下げ幅は縮小した。欧米企業のPhRMA・EFPIA16社も1・8%(5・8%)と引き下げ幅が小さくなり、後発品を扱う日本ジェネリック製薬協会(GE薬協)33社では7・7%(7・7%)と前回並みとなった。


[ 記事全文 ]

 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録