HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

アジアでの医療材料価格‐単純比較では日本が高価

2007年7月17日 (火)

 厚生労働省は、アジア地域における医療材料価格等の調査結果を、中央社会保険医療協議会保険材料専門部会に報告した。実地調査したのは韓国、タイ、フィリピンの3カ国で、価格を単純に為替レートで比較した場合、いずれも日本の方が高いものの、購買力平価では必ずしも、日本が高いとは言えない状況だった。

 調査したのはペースメーカー、PTCA、冠動脈ステントなど、内外価格差が指摘されている医療材料の取引価格。さらに、各国の流通システム、薬事審査体制、付帯的サービス”などについてもヒアリングを行った。

 ペースメーカー、PTCAカテーテル、冠動脈用ステントセットなどの取引価格をみると、単純に為替レートで日本円に換算し比較した場合、日本の価格の方が高い傾向がみられた。しかし、購買力平価で比較してみると、日本の方が必ずしも高いというわけではないことも分かった。




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録