【新製品】抗けいれん剤「ミダフレッサ静注0.1%」 アルフレッサファーマ

2014年12月19日 (金)

 アルフレッサファーマ=抗けいれん剤「ミダフレッサ静注0・1%」(一般名:ミダゾラム)を発売した。てんかん重積状態を適応症とする国内唯一の静注用ミダゾラム製剤。

 催眠鎮静剤として使用されてきたミダゾラムを、医療現場の強い要望を受けてアルフレッサファーマが開発した。抗けいれん作用が強く、速効性があり、持続静脈内投与が可能である。

 小児を対象とした国内臨床試験で有効性・安全性が認められている。発作が継続・反復し、発作の間に意識が回復しない、てんかん重積状態の治療に新たな選択肢を与える。




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

新薬・新製品情報 新着記事
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録