HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【厚労省】3.2%増の概算要求‐医療提供体制充実を目指す

2007年8月28日 (火)

■画期的新薬でも新規事業盛り込む

 厚生労働省は28日、2008年度予算の概算要求をまとめ、公表した。一般会計の概算要求額は22兆1604億円で、07年度当初予算に比べ6835億円、3.2%の増額になる。主要事項をみると、医師確保対策などの安全・安心で質の高い医療提供体制の充実に765億円、新健康フロンティア戦略の推進に1905億円、癌対策の総合的かつ計画的な推進に282億円を計上した。医薬品・医療機器の関連では、新医薬品・医療機器の迅速な提供等に10億円、医薬品等の安全対策の推進に6.1億円などを要求する。

 一般会計要求では、厚労省予算の大半を占める年金・医療等に係る経費が20兆6123億円で、07年当初予算に比べ4214億円の増。自然増の7500億円については、制度・施策を見直して削減・合理化を図り、5300億円に抑える方針。厚労省では削減分の2200億円の捻出について、年末までの予算編成過程で検討していくことにしているが、薬価引き下げや後発品使用促進が削減策の焦点になっている模様だ。

 このほか、年金・医療等に係る経費を除いた義務的経費が5965億円(07年度当初予算比606億円増)、公共事業関係費が930億円(159億円増)、その他経費が8587億円(1856億円増)などとなっている。

 このうち医療関連分野では、[1]医師確保対策などの安全・安心で質の高い医療提供体制の充実765億円(07年度当初予算に比べ115億円増)[2]新健康フロンティア戦略の推進1905億円(206億円増)[3]癌対策の総合的かつ計画的な推進282億円(70億円増)[4]革新的医薬品・医療機器創出の推進295億円(48億円増)[5]感染症・疾病対策の推進2089億円(107億円増)[6]安定的で持続可能な医療保険制度運営の確保8兆6815億円(2606億円増)””などを計上。

 医師確保対策などの安全・安心で質の高い医療提供体制の充実では新規として、医師派遣に協力する病院の診療体制の強化に21億円、病院勤務医の過重労働解消のための勤務環境の整備等に13億円、医師不足地域における患者輸送車の運行支援に7700万円などを要求している。

 革新的医薬品・医療機器創出の推進の面からは新規として、ベンチャー企業の育成に3800万円、アジアとの連携に7700万円、医療クラスター(仮称)の整備に15億円、再生医療を推進するための拠点の整備に4.1億円などが挙がっている。

 また、医療費適正化に関する施策の推進として新たに、特定健康診査・特定保健指導の円滑な実施に571億円、病床転換助成事業の実施に28億円の合計599億円を計上している。

 一方、医薬品の関係では、有効で安全な医薬品・医療機器を迅速に提供するための対策の推進に113億円(6億円増)を要求した。主な項目をみると、新医薬品・医療機器の迅速な提供等に10億円、医薬品等の安全対策の推進に6.1億円、安全、安心な血液製剤の供給確保に7.3億円などを計上した。




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録