HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

ニコチン依存症管理料算定患者の禁煙率は32.6%

2007年10月15日 (月)

関連検索: ニコチン 依存症 禁煙

 医療用治療薬などを用いて行う禁煙治療の診療報酬として創設された「ニコチン依存症管理料」を算定している医療機関で、指導終了から9カ月後(治療開始から1年)の禁煙率は32.6%であったことが、診療報酬改定の結果を検証している中央社会保険医療協議会の検証部会の調べで分かった。単純比較はできないが、同様の調査を行った英国では17.7%よりは高く、中医協会長でもある土田武史委員(早稲田大学商学部教授)は、「微妙な数字。総会にかけてみたい」との意向を示した。

 同管理料は、禁煙治療の経験がある医師が勤務していることなどといった基準をクリアした医療機関で、治療を行った場合に算定できる。中医協は456施設を対象に算定した全患者を対象(回答率6割)に、同管理料の創設による治療効果を検証した。患者の半数は喫煙歴30年以上、1日に20040本程度吸う人が6割強だった。

 指導から9カ月後の禁煙状況をみると、指導を途中で脱落せず、指導回数が上がるほど禁煙率は高く、規定の12週、5回目の指導を終了した人は45.7%に上った。3回目で中止となった人は31.9%、1回目で中止は13.5%にとどまった。全体の平均では32.6%だった。

 同管理料は、初回230点、204回目が184点、5回目が180点。

関連検索: ニコチン 依存症 禁煙




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録