HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

嫌気性菌感染症治療のガイドライン‐化療学会など年内にも公表へ

2006年5月23日 (火)

 日本化学療法学会は日本嫌気性菌感染症研究会と合同で、「嫌気性菌感染症治療のガイドライン」を策定し、年内にも公表する。近く草案を化療学会のホームページに掲載し、会員らの意見を求めた上で修正を加え、成案とする予定だ。嫌気性菌は様々な疾患に関与しているが、培養検査の困難さなどから、一般の医師には情報があまり伝わっていない。ガイドラインで治療方針を示し、臨床現場で役立ててもらう考えだ。

 ガイドラインは嫌気性菌感染症の治療や検査の概要を「総論」として解説。その上で、各領域ごとの対応を「各論」で説明する構成になっている。

 総論には、▽嫌気性菌感染症の疫学▽嫌気性菌感染症の検査▽薬剤感受性試験▽適切な抗菌薬の選択(抗嫌気性菌薬):内科系▽同:外科系▽基礎疾患・合併症患者における注意点――などが盛り込まれる。




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録