HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

住友商事がコーエイを買収

2006年5月23日 (火)

 住友商事は、都内でドラッグストア25店舗を展開するコーエイドラッグ(東京都品川区、社長広瀬泰三氏)の買収を発表した。コーエイの発行済み株式の100%を6月20日付で取得する。住友商事は子会社の住商ドラッグストアーズを通じ「トモズ」「アメリカンファーマシー」「メディコ」のストアブランドで、東京・神奈川・埼玉を中心に70店舗を展開している。主に東京の城南、城西地区で展開するコーエイの25店舗が加わることで、住商グループとしては100店舗弱の規模となる。

 今回、住友商事とコーエイドラッグでは、[1]21世紀型セルフメディケーションに対応した新しいドラッグストアの業態創造を行っていく[2]両社の経営ビジョンが共有でき、調剤併設型のドラッグストアとしてドミナントエリアの補完ができる[3]コーエイでは新業態として、薬・ハーブ・サプリメント・アロマセラピー・ビューティーの専門家が顧客一人ひとりに最適な健康と美を提案する「コンシェルジュ・ラヴィ」を展開しているが、この業態確立と店舗展開において強力なパートナーシップが期待できる――などの点で、事業上のシナジーが大きく発揮できるとの判断で合意に至った。




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録