HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

検査2項目が保険適用へ

2007年12月14日 (金)

関連検索: 保険適用 中央社会保険医療協議会

 中央社会保険医療協議会は12日の総会で、B型肝炎ウイルスコア関連抗原(HBcrAg)定量、ミオイノシトール定量の保険適用を承認した。2項目とも測定項目が新しいE3の区分。

 ◇B型肝炎ウイルスコア関連抗原(HBcrAg)定量(申請者は富士レビオ)

 B型肝炎ウイルス感染患者の診断補助や治療効果判定に用いられる。ラミブジンなどの核酸アナログ治療時の肝組織ウイルスマーカーとして有用で、休薬の指標になるほか、検査の迅速化なども期待されている。測定は化学発光基質を用いた酵素免疫測定法。保険点数は290点。免疫学的検査判断料(月1回につき144点)が算定できる。申請者は富士レビオ。

 ◇ミオイノシトール定量(旭化成ファーマ)

 空腹時血糖が1100126mg/dLの糖尿病疑いがある患者の耐糖能異常を検出する。糖負荷後に尿中ミオイノシトール定量検査を行うと、血糖上昇を推定することができ、空腹時血糖だけでは分からない耐糖能異常を検出できる。保険点数は120点。尿・糞便等検査判断料(34点)が算定できる。

関連検索: 保険適用 中央社会保険医療協議会




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録