【新製品】自己注射の痛みを軽減‐皮下注用の新注射針投入 ノボノルディスクファーマ

2016年12月5日 (月)

ペンニードルプラス

 ノボノルディスクファーマは、糖尿病や成長ホルモンの自己注射治療に用いる、新しく改良された皮下注用の注射針「ペンニードルプラス」をきょう5日に新発売する。従来の「ペンニードル32Gテーパー」は針基が突起していたが、新注射針は突起がなくなり、針基が面で肌に触れるため圧力が分散され、安定性が増し、痛みの軽減が見込まれる。今後は新注射針への移行を進め、2018年2月頃に従来品の販売を停止する予定。

 従来の皮下注用の注射針は、腹部に自己投与した際に、針基の突起により腹部にあざができてしまうといった事例が、日本を含むグローバルで報告されていた。この状況を踏まえ、針基を平らにして、針を6mmから4mmに短く改良したことで、安定した垂直な穿刺がしやすくなり、斜めの穿刺による皮内注射や筋肉内注射になる可能性を低くする。また、注射針を短くし、視覚的な面から引き起こされる注射への恐怖心もやわらげる。

 針ケースと針キャップも改良した。ケースは滑りにくく回しやすくして着脱を容易にさせ、キャップはつまみやすい形状にして、取り外す際に針がぶつかって曲がってしまうリスクを軽減させる。

 新注射針の製造は、従来に引き続き日本のニプロが担当し、世界に供給される。また、今回の針の改良は、日本法人の意向がグローバルの方針に大きく反映されているとしている。




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

新薬・新製品情報 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録