HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

国内製薬、癌強化で買収‐抗癌剤の品揃え急ぐ

2017年1月20日 (金)

 癌領域をターゲットとした国内製薬大手のM&Aが相次いでいる。昨年10月にアステラス製薬が独ガニメド・ファーマシューティカルズ、12月に大日本住友製薬が米トレロファーマと1000億円水準の費用を投じて買収を発表したほか、今年1月には武田薬品が総額54億ドルで米アリアド・ファーマシューティカルズの買収を発表した。いずれも抗癌剤の品揃えが目的だ。製薬各社にとって癌が主戦場となる一方、自社開発品が後期開発段階で脱落する例も多く、事業リスクも高い。有望な製品を持つベンチャーに対する買収が今後活発化する可能性がある。

 国内製薬各社の癌をターゲットとした買収は、かつて抗体医薬などの創薬基盤技術獲得を主眼としていたが、この数カ月で発表されている案件を見ると、上市済みの抗癌剤や後期開発段階の有望な開発品の獲得を目指し、巨費を投じる傾向がある。


[ 記事全文 ]

 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録