非依存型糖尿病の治療薬「グリコラン錠250mg」、フィルムコーティング錠に変更 日本新薬

2008年1月25日 (金)

 日本新薬は、インスリン非依存型糖尿病の治療薬「グリコラン錠250mg」(一般名:メトホルミン塩酸塩)の剤形を素錠からフィルムコーティング錠に変更し、21日から販売を開始した。素錠では服用時に「やや塩辛さ」「苦み」を感じるとの患者の声に応じ、コンプライアンスを向上させるため改良した。

 同剤は、肝臓での糖の放出抑制、筋肉でのグルコース利用促進、脂肪組織でのグルコース取り込み増加の三つの作用を有している。メトホルミン製剤は、大規模臨床研究により「メトホルミン・ルネッサンス」と言われる再評価を経て、糖尿病治療のベースに用いられる薬剤になっている。

 2008年3月期の同剤の売り上げ予想額は約10億円。




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

新薬・新製品情報 新着記事
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録