HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【富士経済調査】感染症領域市場、24年に30%減の5552億円

2017年4月27日 (木)

 富士経済は、2024年の感染症領域で15年比30.2%減の5552億円に縮小すると予想した。同領域は、抗生物質と肝炎治療剤で市場の約80%を占めるが、抗生物質が多剤耐性菌による適正使用やジェネリック医薬品(GE薬)への切り替えが進むほか、今後も画期的新薬や大型化が目指せる新薬の登場が期待できない状況から、肝炎治療剤市場も縮小を見込んでいる。

 肝炎治療剤市場は、57.4%減の1472億円と半分以下まで落ち込むと予想。15年にギリアド・サイエンシズから発売されたインターフェロンフリーのC型肝炎治療剤「ソバルディ」と「ハーボニー」の急拡大で市場は大幅に拡大したが、今後はC型肝炎治療が一巡したところで肝炎市場は縮小すると見込んでいる。


[ 記事全文 ]

 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録