HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

製薬大手がこぞって参戦‐抗体薬物複合体開発が活性化

2017年6月8日 (木)

日本発に期待

 癌に注力する製薬大手が、次世代抗体医薬品の抗体薬物複合体(ADC)の自社開発を急いでいる。第一三共とエーザイは、自社技術で仕上げたADCを臨床入りさせ、日本発ADCの実用化を目指す。一方、武田薬品とアステラス製薬は米国ベンチャーから技術を導入して開発を進める。抗体医薬で出遅れた日本の製薬企業だが、ADCは得意の有機合成技術を生かせる領域でもあり、巻き返しを図っている。

自社技術が先行‐第一三共、エーザイ

 抗体と低分子薬剤(ペイロード)をリンカーで結合させたADCは、従来の抗体医薬品では難しかった標的細胞内に侵入し、薬効を作用させるのが特徴で、癌細胞に対して単剤療法で高い抗腫瘍効果を示す。単独では使えない殺細胞性の高い薬物を使うことで、低用量投与で有効性が期待できるだけではなく、癌細胞特異的な送達性を持つ抗体を結合し、高用量で投与できる可能性もある。既に数品目が世界で上市されており、十数品目が開発中。2020年に市場規模が68億ドルまで拡大するとの調査結果もある。


[ 記事全文 ]

 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について
Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録