HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【トランスジェニック】アルツハイマー病のモデルマウスを導入‐非臨床試験の受託拡大へ

2017年6月26日 (月)

 創薬支援ベンチャーのトランスジェニックは、大阪市立大学の森啓特任教授が開発したアルツハイマー病モデルマウスとして、アミロイドβを遺伝子導入させたトランスジェニックマウスのライセンスを獲得した。今後、全世界でアルツハイマー病モデルマウスの生産・販売サービスの提供を開始する。CRO事業を強化する中、各社が開発にしのぎを削るアルツハイマー病治療薬の非臨床試験の需要拡大に対応する。

 今回、ライセンス契約したAPPOSKマウスは、森氏が家族性アルツハイマー病患者から見出したアミロイドβ前駆体蛋白質の遺伝子変異を持つアミロイドβを導入したトランスジェニックマウス。アミロイドβオリゴマーが形成され、アルツハイマーに特徴的な加齢を伴った認知障害やシナプス欠損、ニューロン消失、タウの異常リン酸化が認められるという。


[ 記事全文 ]

 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について
Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録