【新製品】“温まる目的別”に選べる3タイプにリニューアル バスクリン

2017年8月18日 (金)

バスクリン薬湯

 バスクリンは、生薬と温泉ミネラルを配合した、温浴効果が特徴の薬用入浴剤「バスクリン薬湯」(医薬部外品)を、温まる目的別に選べる3タイプにリニューアルし、21日から新発売する。

 「バスクリン薬湯」は、有効成分として生薬のセンキュウに加え、温泉ミネラル(硫酸マグネシウム、硫酸ナトリウム、炭酸水素ナトリウム)を配合。同社の長年の生薬研究成果から、これら有効成分と植物エキス(保湿成分)を、アイテムごとの“入浴で温まる目的別”に合わせて配合している。生薬配合ながら、色と香りの工夫により、使いやすい使用感も特徴。

 同社の調査で、「できるだけ自然由来の素材で自身と家族の健康を維持したい」と考えている主婦や有職女性の多くは、生薬有効成分を配合した入浴剤に対する期待が高く、期待できる効果をイメージしやすいパッケージが求められることが分かった。そこで、「バスクリン薬湯」のパッケージを、生薬有効成分と植物エキス(10~12種類)による本格的な薬効感に加え、「目的別の温まり」と「使用時ベネフィット」を表現したデザインにリニューアルした。

 3アイテムは、「薬湯カラダめぐり浴」(ほっとくつろぐアジアンシトラスの香り)、「薬湯じっくり保温浴」(気分ほぐれるシトラスジンジャーの香り)、「薬湯すっきり発汗浴」(気分すっきりオリエンタルグリーンの香り)で、いずれも湯色は透明タイプ。各容量600g(約20回分)でオープン価格。




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

新薬・新製品情報 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録