【新製品】ミルクや離乳食に入れるビフィズス菌オイル発売 雪印ビーンスターク

2017年9月27日 (水)

ビーンスターク赤ちゃんのプロバイオビフィズスM1

 雪印メグミルクグループの雪印ビーンスタークは、生後0カ月以降の赤ちゃんの健やかな毎日を応援する“生きたビフィズス菌”が効果的に摂取できる、オイル(植物油)ドロップス型の商品を新発売した。生後0カ月からのビフィズス菌オイルドロップスの発売は、日本で初めてとなる。

 「ビーンスターク赤ちゃんのプロバイオビフィズスM1」は、ビフィズス菌をひまわり油に混合している。世界で最も多くの生理機能が論文報告されているビフィズス菌「BB-12」を使用しており、ヨーグルト由来の「BB-12」は胃酸や胆汁酸に強い耐性を有し、世界30カ国以上で乳幼児向け製品に使用されている(同品の原産国はイタリア)

 乳児に生きて届く菌が1日6滴で10億個摂れ、生後0カ月から使用可能。無味無臭なので、70℃で調乳した粉ミルクや離乳食に手軽に加えられる。乳児用規格適合食品で、常温保存が可能。賞味期間は24カ月(開封後1カ月)。税別希望小売価格2240円。




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

新薬・新製品情報 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録