HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【協和キリン/武田薬品/エーザイ】新薬開発に必要な診断薬部門‐製薬各社が相次いで他社に譲渡

2018年1月16日 (火)

 製薬企業が診断薬子会社を他社に譲渡する動きが広がっている。武田薬品が富士フイルムに和光純薬工業を、エーザイが積水化学にエーディアを売却し、昨年末には協和発酵キリンが日立化成に協和メデックスの譲渡を発表した。製薬各社が進める選択と集中路線は、疾患領域の絞り込み、長期収載品の切り離しといった構造改革がメインだが、試薬・診断薬会社を本体から切り離すという事業判断も目立ってきている。

 協和キリンは4日、協和メデックスを機能材料の製造販売を手がける日立化成に譲渡した。医薬・バイオ事業に経営資源を集中する中、協和メデックスの海外展開を加速させるに当たり、グローバル展開を進める日立化成に譲渡するのが事業価値最大化につながると判断した。まずは株式66.6%を売却し、株式譲渡実行時から3年後をメドに残りの全株式の売却を予定している。


[ 記事全文 ]

 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録