HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【大幸薬品】感染症対策意識の高まりで「クレベリン」が好調に推移

2018年2月22日 (木)

 インフルエンザ患者数が急増しているとの報道もあって、大幸薬品では「今年に入りドラッグストアや一般消費者から、衛生管理製品『クレベリン』に関する問い合わせが急増している」という。実際に1月は「クレベリン」の売上が急伸しており、同社では「消費者の感染症対策への意識が高まっていることがうかがえる」として、CMを含めたさらなる認知向上に努めている。

 「クレベリン」は、大幸薬品の特許技術により二酸化塩素分子のチカラで、空間に浮遊するウイルス・菌・ニオイを除去する衛生管理製品。ドラッグストア等で購入できる一般向け製品では、置き型タイプの「クレベリンゲル」のほか、持ち運べるペンタイプの「クレベリンパワーセイバー」、スプレータイプの「クレベリンスプレー」「クレベリンミニスプレー」と、用途に応じたラインナップで展開中。


[ 記事全文 ]

 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録