高インスリン血性低血糖症治療剤「アログリセムカプセル」を発売 シェリング・プラウ

2008年08月01日 (金)

アログリセムカプセル
アログリセムカプセル

 シェリング・プラウは7月22日、国内初となる高インスリン血性低血糖症治療剤「アログリセムカプセル25mg」(一般名:ジアゾキシド)を発売した。

 高インスリン血性低血糖症は、膵臓からインスリンが過剰に分泌され、低血糖症状が出現する疾患で、主に新生児や乳幼児で発症がみられている。

 発症頻度は国内で年間約30例ほどだが、早期に適切な治療を行わなければ死につながる恐れがあり、発育遅延や知能障害、運動障害が残ってしまう可能性も高い。

 「アログリセム」は、1960年に米国シェリング・プラウで開発されたベンゾチアジアジン誘導体のジアゾキシドが有効成分で、膵臓β細胞からのインスリン分泌を抑制することで血糖を上昇させる。血糖上昇に対する評価では、87%(62/71例)の有効率が得られており、長期に使用可能な唯一の高インスリン血性低血糖症治療剤。

 世界では、76年に米国で承認され、30カ国以上(カプセル剤は9カ国)で承認されている。日本では05年4月27日に厚生労働省の「未承認薬使用問題検討会議」で早期承認申請が要請され、今年4月16日に承認された。薬価は1カプセル251・80円。




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

新薬・新製品情報 新着記事

検索
アカウント / RSS
RSSRSS
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報