「腎盂尿管ビデオスコープ」高画質でNBI観察も可能 オリンパスメディカルシステムズ

2008年8月4日 (月)

 オリンパスメディカルシステムズは、尿管や腎盂内の腫瘍の観察、診断などに用いる「腎盂尿管ビデオスコープOLYMPUS URF TYPE V」を発売した。価格は税込み315万円で、年間90台の売上を見込む。

 先端に高解像CCDが搭載されており、従来の腎盂尿管ファイバースコープに比べ、画像サイズは約3倍となった。色ずれや網目のない高画質を実現しており、微細な病変の観察ができる。さらに、「狭帯域光観察(NBI)」にも対応しており、粘膜表層の毛細血管や粘膜微細模様を、色調の違いによって強調することで、視覚的な精密診断も容易になった。

 今後、全世界での販売を計画、8月に欧州、9月に米国で販売を開始する予定。




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

関連キーワードはありません

新薬・新製品情報 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録