HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【厚労省が初公表】患者から副作用報告83件‐精神神経、抗不安剤が最多

2019年11月22日 (金)

 厚生労働省は18日、今年3月から4カ月間の「患者からの医薬品副作用報告」の症例数が83件だったことを、薬事・食品衛生審議会薬事分科会医薬品等安全対策部会で初めて公表した。医療用医薬品78件、要指導・一般用医薬品5件のうち、後遺症や死亡などが認められたのは47件。医療用医薬品では精神神経用剤、催眠鎮静剤・抗不安剤、要指導・一般用医薬品では解熱鎮痛消炎剤、耳鼻科用剤の順に報告件数が多かった。

 今回は、患者・家族から副作用報告の受付を開始した3月26日~7月31日までに医薬品医療機器総合機構(PMDA)に報告された症例を対象としている。


[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
アカウント / RSS
RSSRSS
おすすめ情報‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報