20品目の抗癌剤「パクリタキセル」のGE薬を発売 日本化薬

2006年7月19日 (水)

 日本化薬は7日、自社ブランドとして初のジェネリック(GE)抗癌剤「パクリタキセル注NK」(一般名:パクリタキセル)を発売した。薬価は30mL/1バイアルが1万0357円で、100mL/1バイアルが3万0640円。売り上げ目標については明らかにしていない。

 同剤は卵巣癌や子宮体癌、乳癌、胃癌、非小細胞肺癌の治療に用いられる。同剤の発売によって抗癌剤の品目数が新薬、GE薬合わせて20品目となった。

 今後、同社では癌関連分野に重点を置いた「スペシャリティ&ジェネリックファーマ」として、約100人の癌専門MRを中心に営業活動を進めていく。




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

新薬・新製品情報 新着記事
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録