経皮吸収型鎮痛消炎貼付剤「アドフィードパップ」、大判サイズを追加 科研製薬

2008年9月26日 (金)

 科研製薬は24日、経皮吸収型鎮痛消炎貼付剤「アドフィードパップ40mg」の規格追加品として、大判サイズの「アドフィードパップ80mg」を新発売した。

 アドフィードパップは、非ステロイド性鎮痛消炎薬フルルビプロフェンの経皮吸収型貼付剤。1988年の発売以来、変形性関節症や肩関節周囲炎、筋肉痛等の鎮痛、消炎に使用されてきた。

 「アドフィードパップ80mg」は、40mgに比べて広い患部を1枚でしっかりサポートできるのが特徴。大判サイズの追加により、患部の広さで製品を選べるなど、選択肢が広がった。

 薬価は、80mg1枚36・0円。




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

新薬・新製品情報 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録