HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【医療情報総合研究所】9月のインフル薬処方、200分の1に‐コロナ対策が奏効か

2020年10月16日 (金)

 9月のインフルエンザ薬処方患者が前年同月比で約200分の1にとどまったことが、医療情報総合研究所が実施した調査結果で明らかになった。2015~19年の同月平均と比べても約60分の1であり、同社は「新型コロナウイルスを意識した感染予防が季節性ウイルス感染症の蔓延を防いでいるのでは」と分析している。

 調査は、新型コロナウイルスの感染拡大が処方箋データに与えた影響を把握するため、同社が運用する処方情報データベースの9月分を解析したもの。


[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

検索
アカウント / RSS
RSSRSS
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報