HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【日本ケミファ】GE薬市場拡大で、新中期経営計画を1年前倒し

2006年7月27日 (木)

山口一城社長
山口一城社長

 日本ケミファの山口一城社長は26日、都内で行った記者との懇談で、ジェネリック(GE)薬の市場拡大テンポが予想より早まりそうな勢いであることから、新しい中期経営計画を1年前倒しで策定し、2007年4月にスタートさせることを明らかにした。柱の一つであるGE事業では、「リーディングカンパニーへの挑戦」と銘打ち、品揃え、流通、情報提供など事業基盤の強化を進め、単独成長により「(07年度から)203年で最低でも倍」と述べ、売上高200億円以上を視野に置いて取り組む考えを示した。

 新中計の検討には着手しており、これまで同様、高尿酸血症・痛風治療薬「ウラリット」の拡大とGE事業の拡大が柱。新中計の対象期間、事業目標など内容は今後詰める。

 GE事業では07年度目標の売上高100億円の次を見据えた取り組みを検討する。山口社長によると、品揃えを5割増しの150品目体制にすると共に、流通対策、MR増員や調剤薬局チェーンとの連携強化など情報提供といった事業基盤を強化する。提携や共同開発も積極的に進める。それらにより「病院市場でのナンバーワンシェア」の確立を目指す。




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録